電気雷管(読み)でんきらいかん

世界大百科事典 第2版の解説

でんきらいかん【電気雷管 electric detonator】

電気的に点火させる装置を管内に内蔵した雷管。基本的なものは瞬発電気雷管で,発破器から脚線を通して2A程度の電流を通ずると,白金線が加熱され点火玉が発火する(図のa)。この熱で起爆薬が爆発し,添装薬を爆発させ,この爆ごう(轟)衝撃によってダイナマイト等の爆薬を起爆する。トンネル掘進発破やベンチ発破のような近代的な発破技術では発破の精度および効率を上げるために,段発電気雷管が用いられている。段発電気雷管は点火玉と起爆薬との間に延時薬を挟み,点火玉の発火から起爆薬の爆発までに遅れをもたせたものである(図のb)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気雷管
でんきらいかん
electric detonatorelectric blasting cap

火薬または爆薬を起爆させるために点火薬または起爆薬、装填(そうてん)薬その他を管体に詰めた火工品の一種である雷管のうち、電気的に点火させる装置を内蔵したものをいう。基本的なものは瞬発電気雷管である。発破(はっぱ)器から脚線を通して2アンペア程度の電流を通ずると、白金線が加熱されて点火薬が発火する。この熱で起爆薬が爆発し添装薬を爆発させ、その爆轟(ばくごう)衝撃および管体底から発生する高温高圧のノイマンジェットによってダイナマイトなどの爆薬を起爆する。トンネル掘進発破やベンチ発破のような近代的な発破技術では、発破の精度や効率をあげるために、段発電気雷管が用いられている。段発電気雷管の構造は、瞬発電気雷管の点火薬と起爆薬との間に延時薬を挟んで、点火薬の発火から起爆薬の爆発までに時間遅れをもたせたものである。遅れ時間間隔が0.25秒か0.025秒かによってDS(デシセコンドdecisecond=デシ秒、10分の1秒)段発電気雷管とMS(ミリセコンドmillisecond=ミリ秒、1000分の1秒)段発電気雷管に分かれている。そのほか、瞬発性のとくによい地震探鉱用電気雷管がある。また、静電気によって暴発しにくい耐静電気雷管も硝安油剤爆薬を用いる発破で使用されるようになってきた。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android