コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

導爆線 どうばくせんdetonating fuse; detonating cord

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

導爆線
どうばくせん
detonating fuse; detonating cord

大量の爆薬を使用して大発破を行わせたり,長い爆薬を用いて長孔発破を行うような場合,同時爆発を行わせるため,爆発を伝えるのに用いる火工品類をいう。第1種と第2種があるが,第1種 (ピクリン酸をスズ管内に溶填して引伸ばしたもの) は現在日本では製造されていない。第2種は,爆薬 (ペンスリット) を芯薬とし,紙テープ,紡績糸などで被覆し,アスファルトなどの防水塗装を施し,さらにその外側を塩化ビニルで被覆したものである。一端に雷管をつけて点爆すると,毎秒 5500~6000mの速さで爆発を進行させることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

導爆線【どうばくせん】

導火線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうばくせん【導爆線 detonating fuse】

爆薬を心薬として,これを繊維,プラスチックまたは金属管で被覆した線状の火工品。一端を起爆することによって他端まで爆ごう(轟)を伝える。日本には構造の違う2種の導爆線がある。第1種導爆線はピクリン酸をスズ管内に,あるいはTNTを鉛管内に溶てん(塡)し,これを標準薬径に引き伸ばしたものである。最近はこの引伸しのできる技能者がいなくなり作られなくなった。第2種導爆線はペントリット(PETN)またはヘキソーゲン(RDX)を心薬として,その上を紙テープ,麻糸,綿糸などで被覆し,さらにアスファルトやプラスチックで被覆したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

導爆線
どうばくせん
detonating fuse英語
detonating cord米語

爆薬を心薬(導火線または導爆線の中央に配置され、燃焼または爆轟(ばくごう)を伝播(でんぱ)する物質)とし、これを繊維、プラスチックまたは金属管で被覆した線状の火工品。一端から起爆することによって他端まで爆轟を伝えることができる。日本には2種の導爆線がある。第1種導爆線はピクリン酸をスズ管内に溶填(ようてん)し、これを標準薬径になるまで引き伸ばしたものである。1960年代にはこの引伸しのできる技能者がいなくなり、つくられなくなった。第2種導爆線はペンスリット(PETN)を心薬としてその上に紙テープ、麻糸、綿糸などで被覆し、さらにアスファルトやプラスチックで被覆したものである。外径5.5ミリメートル、心薬量は1メートル当り約10グラムである。一般用、深海用および爆速測定用がある。平均爆速は毎秒5500メートル以上と規定されているが、実際には毎秒6000~6500メートルの範囲内にある。雷や迷走電流その他の理由で電気発破(はっぱ)が好ましくない所での発破や、ドートリッシュ法(爆速のわかった導爆線と鉛板を用いる方法で、フランスの発明者の名で、このようによばれる)による爆速測定などに用いられる。外国では1970年代以降、心薬のかわりに爆発性混合気を使ったガス導管(ハーキュデット。1972)や、プラスチックパイプの内面に高性能爆薬を塗布した導火管(ノネル。1975)などが開発され使われ始めた。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例