電源ベストミックス(読み)でんげんベストミックス

百科事典マイペディア「電源ベストミックス」の解説

電源ベストミックス【でんげんベストミックス】

電源を石油原子力など使用燃料によって分類し,供給安定性,経済性,環境特性,運転特性などから総合的に判断して最適に組み合わせること。全国レベルと各電力会社レベルとでは,地域性,立地条件などにより最適とされる構成が異なる。電力需要の基盤を支えるベース電源,ピーク時の需要を支えるピーク電源,中間のミドル電源に大きく分かれる。日本では石油危機によって石油中心だった電源構成の脆弱さが露呈し,以後電源の多様化と最適モデルの模索,その実現が電気事業最大の課題とされてきた。 1994年の電気事業審議会需給部会の中間報告では,(1)ベース電源には経済性,供給安定性などに優れた原子力を中心に,純国産で環境負荷の少ない水力,地熱などを置く,(2)供給安定性,経済性に優れた石炭をベースおよびミドル電源とする,(3)環境特性に優れた液化天然ガス,出力調整能力に優れた石油をミドルおよびピーク電源と位置付けている。 1996年度の電源別発電量は原子力35%,石油18%,液化天然ガス23%,水力10%,石炭14%という構成。政府は石油への依存を抑え,原子力および新エネルギーによる発電量を増加させる方針で,1998年,同審議会は2010年度の目標値を原子力45%,石油8%,液化天然ガス20%,水力11%,石炭13%,地熱1%,新エネルギー1%と設定している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android