コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山二郎 あおやま じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山二郎 あおやま-じろう

1901-1979 昭和時代の美術評論家,装丁家。
明治34年6月1日生まれ。陶器の鑑識にすぐれ,大正15年日本民芸美術館の設立準備にかかわる。文壇とも交流し,「文学界」の表紙や中原中也の「在りし日の歌」などの装丁を手がけた。昭和54年3月27日死去。77歳。東京出身。日大卒。著作に「陶経」「眼の引越」など。
【格言など】美とは,それを観た者の発見である。創作である(「日本の陶器」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

青山二郎の関連キーワード在りし日の歌白洲 正子青山 二郎6月1日文学界

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青山二郎の関連情報