コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山二郎 あおやま じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山二郎 あおやま-じろう

1901-1979 昭和時代の美術評論家,装丁家。
明治34年6月1日生まれ。陶器の鑑識にすぐれ,大正15年日本民芸美術館の設立準備にかかわる。文壇とも交流し,「文学界」の表紙や中原中也の「在りし日の歌」などの装丁を手がけた。昭和54年3月27日死去。77歳。東京出身。日大卒。著作に「陶経」「眼の引越」など。
【格言など】美とは,それを観た者の発見である。創作である(「日本の陶器」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

青山二郎の関連キーワード在りし日の歌白洲 正子青山 二郎6月1日文学界

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青山二郎の関連情報