コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山熊治 あおやま くまじ

3件 の用語解説(青山熊治の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

青山熊治

洋画家。兵庫県生。東美校中退。黒田清輝に師事し、初期文展で活躍する。岡田三郎助山本芳翠の知遇を得、また滞在中に森田恒友・山本鼎・鹿子木孟郎らと交友した。白馬会賞・帝国美術院賞受賞。帝展審査員。昭和7年(1932)歿、47才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青山熊治【あおやまくまじ】

洋画家。兵庫県生野の生れ。東京美術学校中退。1910年《アイヌ》で白馬賞。1914年渡欧,1922年までパリで生活。ルノアールの影響を受け,のちセザンヌピュビス・ド・シャバンヌに近づいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山熊治 あおやま-くまじ

1886-1932 明治-昭和時代前期の洋画家。
明治19年5月22日生まれ。40年東京府勧業博覧会で「老坑夫」が2等賞。大正3年から11年まで滞欧。15年帝展で「高原」が特選となり,昭和2年帝国美術院賞。のち帝展審査員。4年第一美術協会を創立した。昭和7年12月11日死去。47歳。兵庫県出身。東京美術学校(現東京芸大)中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

青山熊治の関連キーワード楽弘入青木隆阿武清内田徳郎小川竜斎藤義夫四方竜文(7代)芝田忠五郎高瀬梅吉松崎寿

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone