コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青柳瑞穂 あおやぎ みずほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青柳瑞穂 あおやぎ-みずほ

1899-1971 昭和時代のフランス文学者,詩人。
明治32年5月29日生まれ。母校慶大の講師をつとめる。堀口大学に師事し,昭和6年詩集「睡眠」を刊行,23年にはルソー孤独な散歩者の夢想」の翻訳で戸川秋骨(しゅうこつ)賞。書画骨董(こっとう)にもくわしく,36年「ささやかな日本発掘」で読売文学賞。昭和46年12月15日死去。72歳。山梨県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青柳瑞穂
あおやぎみずほ
(1899―1971)

詩人、仏文学者。山梨県生まれ。慶応義塾大学仏文科卒業。堀口大学に師事。1931年(昭和6)詩集『睡眠』を刊行。ルソー『孤独な散歩者の夢想』で戸川秋骨賞を受賞(1948)、そのほか『モーパッサン短編集』、ジュール・ロマン『プシケ』、ロートレアモン『マルドロールの歌』など。古陶の鑑識家、収集家としても知られ、随想集『ささやかな日本発掘』で読売文学賞を受賞(1960)。[窪田般彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

青柳瑞穂の関連キーワードロマン(Jules Romains)青柳瑞穂の生涯青柳いづみこ昭和時代

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android