コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸川秋骨 とがわしゅうこつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸川秋骨
とがわしゅうこつ

[生]明治3(1870).12.18. 肥後,岩崎
[没]1939.7.9. 東京
英文学者,随筆家。本名,明三。明治学院,東京大学英文科に学び,のち慶應義塾大学英文科教授となった。 1893年『文学界』の創刊に参加,海外文学の紹介,評論を行なった。翻訳『エマーソン論文集』 (1911~12) ,随筆『英文学覚帳』 (26) ,『都会情景』 (33) ,『自画像』 (35) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

戸川秋骨【とがわしゅうこつ】

随筆家,英文学者。本名明三(めいぞう)。肥後の人。明治学院,東大英文科卒。明治学院の同級生に島崎藤村がおり《文学界》創刊とともに同人になった。エマソンボッカッチョなどの翻訳のほか,《英文学講話》《二万三千哩(マイル)》などの著がある。
→関連項目帝国文学馬場孤蝶

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸川秋骨 とがわ-しゅうこつ

1871*-1939 明治-昭和時代前期の英文学者,随筆家。
明治3年12月18日生まれ。戸川エマの父。島崎藤村らと親交をむすび,「文学界」創刊同人となる。明治43年慶応義塾教授。エマーソンなどの翻訳やユーモアあふれる随筆で知られる。昭和14年7月9日死去。70歳。肥後(熊本県)出身。東京帝大卒。本名は明三(めいぞう)。著作に「変調論」「英文学講話」など。
【格言など】世を厭ふ人果して真に世を厭ふか,世を楽むと云ふ人果して真に世を楽むか(「俳人の性行を想ふ」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とがわしゅうこつ【戸川秋骨】

1870~1939) 評論家・英文学者。熊本県生まれ。本名、明三。東大卒。1893年(明治26)島崎藤村らと「文学界」を創刊。のち慶大教授。翻訳家としても知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の戸川秋骨の言及

【文学界】より

…5号以降は文学界雑誌社と改称し,名実ともに文学の自立を指導理念とした。最初の同人は,理論的中核となった北村透谷,島崎藤村,平田禿木(とくぼく),戸川秋骨,天知とその弟星野夕影(せきえい)。のちに戸川残花,馬場孤蝶が加わった。…

※「戸川秋骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戸川秋骨の関連キーワードウォルトン(Izaak Walton)山本 健吉エリア随筆戸板 康二青柳 瑞穂戸川エマ樋口一葉北村透谷戸板康二青柳瑞穂戸川

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android