コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青表紙 アオビョウシ

大辞林 第三版の解説

あおびょうし【青表紙】

青い表紙の本。
〔表紙が青であることから〕
儒教関係の書物。また、儒者の戯称。 「愚眼に-を覘いて頻りに唐好癖とうへんぼくとならんよりは/粋の懐」
藤原定家校訂の源氏物語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

青表紙の関連キーワード源氏物語湖月抄源氏物語池田亀鑑山路の露算数教育柳橋新誌外交青書漫ろはし湖月抄河海抄細流抄表紙白書儒者経書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青表紙の関連情報