コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青本 あおほん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青本
あおほん

江戸時代中期に刊行された草双紙の一種。延享~安永 (1744~81) 頃に流行。赤本のあとをうけたもので,赤本より成人向き。表紙が萌黄色であるところからの呼称。同様の傾向をもつ同時期のものに黒本があり,両者の間にはほとんど区別がないが,初期から中期にかけては黒本が多く,後期には本のほうが多い。内容も両者ほぼ同じだが,黒本のほうが青少年向き。絵を中心として書かれ,話の内容は,おとぎ話的なものから,歌舞伎浄瑠璃集,宗教的なもの,歴史的なもの,仇討ち物,おめでた物などへと展開している。話が複雑になるにつれて黄表紙へ発展,さらに合巻へと成長する。画工の自作物が多く,鳥居清経富川吟雪 (房信) ,観水堂丈阿などが代表的作者。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あお‐ほん〔あを‐〕【青本】

《「あおぼん」とも》
江戸中期、享保ごろから赤本のあとを受けて黒本とともに婦女子の間に流行した草双紙(くさぞうし)の一。萌葱(もえぎ)色の表紙であるところからよばれる。絵入りで、内容は浄瑠璃歌舞伎軍記物などを翻案・簡略化したもの。
黄表紙のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

青本【あおほん】

草双紙の一種。黒本とともに赤本の成長したもの。1700年代の延享・寛延ころから安永ころまで流行。萌黄色(もえぎいろ)表紙。黒本とはほとんど区別がない。代表作は《風流邯鄲浮世栄花枕》《風流仙人花聟》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あおほん【青本】

草双紙の一。赤本に次いで、黒本とともに延享(1744~1748)頃から安永(1772~1781)初期にかけて江戸で流行した。萌葱もえぎ色の表紙で、歌舞伎・浄瑠璃・軍記物などに題材をとり、絵を主とする。作者・画工兼帯で、鳥居派の画風が多い。一冊五丁、数冊をもって一巻とする。
草双紙の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青本
あおほん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の青本の言及

【黒本・青本】より

…上下または上中下,まれに5~10冊で1編を構成する。黒本は黒色表紙,青本はおそらく萌黄色退色の藁色表紙で,意匠のやや進んだ絵題簽(だいせん)を貼付する。内容は2者ほとんど同じで,浄瑠璃の絵解き,英雄一代記,化物話,異類談等,ときに当世風用語も交える。…

※「青本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青本の関連キーワード鳥居清重(初代)稗史億説年代記エネルギー統計絵草紙・絵双紙金々先生栄花夢鱗形屋孫兵衛見物左衛門黒本・青本紅皿欠皿義経伝説富川房信酒呑童子市場通笑恋川春町奥村利信江戸文学地本問屋奥村政房柳川桂子田中益信

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青本の関連情報