コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非価格競争 ひかかくきょうそうnonprice competition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非価格競争
ひかかくきょうそう
nonprice competition

商品やサービスの販売にあたり,価格以外の要素によって各企業が相互に競争することをいう。商品の品質,機能,スタイル,デザイン,包装など商品面での競争,相談,配送,アフター・サービスなどサービス面での競争,ブランド,イメージなど広告宣伝面での競争などがある。市場の成熟期によくみられる現象で,価格競争をくぐりぬけた寡占的な企業の間での競争となる場合が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

流通用語辞典の解説

非価格競争

価格以外のすべての面における市場での競争のこと。販売の時代といわれる今日の市場環境にあっては、この非価格競争が一段と激しくなっている。メーカーにとっての非価格競争には、製品に新たな機能を付け加えたりする製品の差別化、新しい需要層を開発する市場の細分化政策や販売チャネルづくり、広告や販促活動などがある。小売業にとっても非価格競争力は重要であり、店内の雰囲気や店員の接客態度、商品知識などといったきめ細かなサービスカの充実が求められている。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

非価格競争
ひかかくきょうそう
non-price competition

価格切下げといった価格の差異によるのではなく、それ以外の手段、つまり生産物の差別化によりなされる企業間競争のことで、寡占市場で典型的にみられる。寡占企業は、マーケット・シェアの拡張のために、価格切下げによるライバル企業との価格競争を行うことはまれである。それは、価格競争が製品そのものの同質化傾向やライバル企業の対抗策などによって効果の少ないものとなり、ひいては利潤減少のおそれがあるからである。そして価格競争のかわりに行われるのが非価格競争、つまり生産物の差別化である。代表的な手段としては、宣伝広告(自社製品の他社製品との差異を周知させる)、品質・デザインの差異化(自家用車のモデル・チェンジなど)、販売条件(アフター・サービスや割賦販売など)がある。[内島敏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

非価格競争の関連キーワードビジネス・エコノミックス国債市場特別参加者マーケティング戦略プライス・リーダー一物一価の法則マーケティング独占資本主義宣伝広告産業産業組織論Lカーブ財国際競争力販売管理

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非価格競争の関連情報