コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非常事態法[ドイツ連邦共和国] ひじょうじたいほう[ドイツれんぽうきょうわこく]Notstandsgesetz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非常事態法[ドイツ連邦共和国]
ひじょうじたいほう[ドイツれんぽうきょうわこく]
Notstandsgesetz

1968年5月 30日西ドイツ連邦議会で可決された「非常事態に関する基本法」 Notstandsverfassungと,食糧,水,交通などの保全のための「個別的非常事態法」 Notstandsgesetzeの総称。重要なのは前者で,これにより西ドイツの侵略と内乱および災害に際して議会の立法権が連邦議会の代表 22名,連邦参議員の代表 11名から成る合同委員会で代行されるほか,行政府の権限が大幅に強化されることが規定されている。これは西ドイツの主権回復を認めたドイツ条約によって非常事態法の制定が義務づけられており,それに基づいて 60年2月議会に上程されたものである。しかし非常事態法の制定は基本的人権が大幅に制限されるため,議会外でも大きな議論を招き,成立まで8年を要した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

非常事態法[ドイツ連邦共和国]の関連キーワード新藤兼人シーゲル[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門秋山清高松次郎トリュフォー深作欣二プロヴォークベルイマン(Ingmar Bergman)

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android