コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非想非非想天 ヒソウヒヒソウテン

デジタル大辞泉の解説

ひそうひひそう‐てん〔ヒサウヒヒサウ‐〕【非想非非想天】

仏語。無色界の第四天で、三界の最頂部。ここに生まれる者は粗雑な煩悩(ぼんのう)がないから非想といい、微細な煩悩がまだ残っているから非非想という。仏教以外のインドの宗教では解脱(げだつ)の境地とし、仏教ではなお生死(しょうじ)の境地とする。有頂天。非想非非想処。非想天。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひそうひひそうてん【非想非非想天】

〘仏〙 無色界むしきかいの第四天で、三界の諸天のうち最高位。わずかに煩悩が残るが、無想に近い境地。有頂天。非想天。非想非非想処。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone