コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓山童 かんざんどう Han Shan-tong; Han Shan-t`ung

2件 の用語解説(韓山童の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓山童
かんざんどう
Han Shan-tong; Han Shan-t`ung

[生]?
[没]至正11(1351)
中国,元末の紅巾軍の首領。欒城 (らんじょう。河北省) の人。祖父以来,白蓮会 (→白蓮教 ) を組織し民衆の布教に努めたが,衆を惑わしたかどで祖父は流罪にあった。孫の山童はその志を継ぎ,元末の天下不安に乗じ,「天下大いに乱れ,弥勒仏下生す」と唱え,河南,江淮の農民の間に多くの信徒を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韓山童
かんさんどう
(?―1351)

中国、元末群雄の一人。紅巾(こうきん)軍の首領。欒城(らんじょう)(河北省)の人。華北白蓮(びゃくれん)教会の会首。父祖以来、白蓮教会を組織し、「天下大いに乱れれば、弥勒(みろく)仏がこの世に下って衆生(しゅじょう)を救済する」と唱え、河北、河南、安徽(あんき)の各地で広く信徒を得ていた。ちょうどこうしたとき黄河が氾濫(はんらん)を繰り返したので、元朝は華北の民夫、兵士17万人を発してその修復工事を始めた。彼はこの機会を利用して元朝打倒の反乱を起こそうと企て、教徒と謀って工事現場に片目の石人を埋め、「一つ目の石人が現れて黄河を揺り動かし、国中に反乱が起こる」と予言した。工事が始まり、この石人が掘り起こされたので、民心は動揺したが、反乱計画が元側に漏れ、彼は逮捕、処刑された。[谷口規矩雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の韓山童の言及

【紅巾の乱】より

…白蓮(びやくれん)・弥勒(みろく)教徒が勢力の中心で,紅布で頭を包み標識としたので〈紅巾の賊〉ともいう。河北省に本拠をおく白蓮教会の会首韓山童は弥勒仏下生(げしよう)の説をもって布教し,河南,安徽地方で反元の反乱を企てたが失敗した。あとを遺児の韓林児が継ぎ,長江(揚子江)流域では徐寿輝らが呼応し全国的反乱となった。…

【白蓮教】より

…元の中期に普度が出て《廬山蓮宗宝鑑》を著し白蓮宗の浄化を叫んだが,その著の中には,民間の白蓮宗の信徒のなかに,〈弥勒仏下生〉をいい,また邪言を伝授して,夜に集会し明け方に散じていく者のあったことを指摘しており,白蓮宗が民衆の反体制的な運動の温床となっていたことが知られる。 元末になると各地で白蓮教徒の反乱が起こるが,その代表的なものが韓山童集団と徐寿輝集団による反乱である。韓氏は韓山童の祖父の代から白蓮会を組織し,韓山童の時に至って,〈天下大いに乱れ,弥勒仏下生す〉という口号(スローガン)を掲げ,劉福通らと結んで反乱を起こした。…

※「韓山童」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

韓山童の関連キーワード階乗合同N至正没・歿勃・歿・没NかMかDiaz de la Peña,N.

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone