コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韻母 いんぼ final

翻訳|final

4件 の用語解説(韻母の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韻母
いんぼ
final

中国音韻学の用語。中国語の音節は,次の式で表わされる。 S=I(M)V(E)/T ,すなわち,頭子音 initial,介音 medial,主母音 vowel,韻尾 ending (finalともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いん‐ぼ〔ヰン‐〕【韻母】

中国の音韻学で、1音節における最初の子音を除いた残りの部分をいう。例えば、[ɡuan](「官」の中国語音)の[uan]など。介音・主母音・韻尾からなる。→声母(せいぼ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いんぼ【韻母 yùn mǔ】

中国語の音節構成要素中,頭子音たる声母を除いた部分。英語ではfinalという。すなわち,介母,主母音,韻尾より成る音節の後半部分で,かぶせ音素supra‐segmental phonemeたる声調も韻母に属する。辣làにおいては‐à(介母,韻尾ともゼロ),倆liǎでは‐iǎ(韻尾ゼロ),朗lǎngでは‐ǎng(介母ゼロ),両liǎngでは‐iǎngが韻母である。中国語は韻母部分に重点のある言語で,韻文は主に脚韻を使用し,音声観察も韻母部分に詳細であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんぼ【韻母】

中国語の音韻学で、一音節中の頭子音を除いた残りの部分をいう。「光」(guāng [kuaŋ])の uāng [uaŋ] など。 → 声母せいぼ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の韻母の言及

【字音】より

…右肩の数字は声調),阿/’a1/((I)V/T),頗/p‘a2/(IV/T),偶/ʌu2/(IVF/T),慣/kuan3/(IMVF/T),追/ṭiuei1/(IM(2)VF/T),律/liuet(4)/(IM(2)VF/(T))となる。Iを声母(声類),MVF/Tを韻母(韻類)と呼ぶ。 韻書では声母と韻母の組合せで音を示す〈反切(ハンセツ)〉が伝統的である。…

【中国語】より

…なおi,u,uen,iao,üe,ieは正書法としてはyi,wu,wen,yao,yue,yeとなる)。伝統的な音韻学では最初の(C)を声母,(M)を介母といい,(M)V(C/V)を合わせたもの,ときによってさらに(M)を除いたV(C/V)を韻母と呼ぶ。介母の(M)を韻頭,Vを韻腹,(C/V)を韻尾ということもある。…

※「韻母」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

韻母の関連キーワード音韻学開音節声母音韻介音畳韻双声分節約音頭子音

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

韻母の関連情報