コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須曽蝦夷穴古墳 すそえぞあなこふん

2件 の用語解説(須曽蝦夷穴古墳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須曽蝦夷穴古墳
すそえぞあなこふん

石川県七尾市の能登島地区にある古墳。一つの墳丘に石室が二つあり,いずれも奥行が短く,幅が長い変則的な横穴式石室であり,板石をいわゆる煉瓦積みのようにし,天井は持送り式の手法で造ってある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

すそえぞあなこふん【須曽蝦夷穴古墳】


石川県七尾市能登島須曽町にある古墳。能登半島中央東部の七尾湾に浮かぶ能登島に所在し、須曽集落背後の標高約80mの丘陵に立地する。1辺約25m、高さ4.5mの方形墳で、南方に羨門(せんもん)を開く2基一対の横穴式石室(雄穴・雌穴)がある。石室の構築法に特色があり、天井部がドーム状になっており、平面形も雄穴はT字型、雌穴は逆L字型という通常見られない形を示している。7世紀中葉前後の築造と推定され、北陸地方や中部地方にはまったく見当たらない構造の古墳で、朝鮮半島の墓制との関連性が認められることなどから、1981年(昭和56)に国の史跡に指定された。雄穴羨道部から鉄鏃(てつぞく)・刀子・須恵器(すえき)・土師器(はじき)、雌穴羨道部から直刀・鉄鏃・須恵器が出土している。JR七尾線和倉温泉駅から車で約20分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

須曽蝦夷穴古墳の関連キーワード石川県七尾市能登島えの目町石川県七尾市能登島小浦町石川県七尾市能登島久木町石川県七尾市能登島向田町石川県七尾市能登島須曽町石川県七尾市能登島通町石川県七尾市能登島閨町石川県七尾市能登島半浦町石川県七尾市能登島曲町石川県七尾市能登島南町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone