コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須永好 すなが こう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須永好 すなが-こう

1894-1946 大正-昭和時代の農民運動家,政治家。
明治27年6月13日生まれ。大正10年群馬県強戸(ごうど)村小作人組合を結成,組合長として小作料3割減を獲得。昭和12年社会大衆党から衆議院議員に当選した。戦後日本農民組合会長,社会党の衆議院議員となる。昭和21年9月10日国会質問演説中たおれ,翌11日死去。53歳。群馬県出身。太田中学中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須永好
すながこう
(1894―1946)

農民運動家。明治27年6月13日群馬県に生まれる。二町歩経営の自作農の次男。中学中退。日本農民組合の創立以来の指導者。労働農民党、日本労農党、社会大衆党の指導者でもあった。居村新田(にった)郡強戸(ごうど)村では、1926年(昭和1)以降8年間「無産村」とよばれる農民組合主導の村政を築き上げた。37年衆議院当選。42年翼賛選挙で非推薦、落選。戦後、日本社会党中央執行委員。46年(昭和21)には、再建された日本農民組合の初代会長となった。同年衆議院に当選したが、9月11日に急死した。須永地蔵尊が地元に建立されている。[横関 至]
『須永好日記刊行委員会編『須永好日記』(1968・光風社書店) ▽農民組合史刊行会編『農民組合運動史』(1960・日刊農業新聞社) ▽農民運動史研究会編『日本農民運動史』(1961・東洋経済新報社/再刊・1977・御茶の水書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の須永好の言及

【日農】より

…41年まで存続。(3)戦後の全国的単一農民組合 1946年2月,全国的農民組織として結成され,会長須永好,主事野溝勝,顧問賀川豊彦,片山哲,杉山元治郎で発足した。農地改革の根本的改革,食糧供出制の強権発動阻止を中心課題として急速に発展し,組織人員は創立時10万~15万人といわれ,47年6月には129万人に拡大した。…

※「須永好」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

須永好の関連キーワード全日本農民組合須永 好昭和時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android