コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼源(2) らいげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼源(2) らいげん

?-? 鎌倉-南北朝時代の僧。
天台宗。出雲(いずも)(島根県)鰐淵寺(がくえんじ)南院長吏。正慶(しょうきょう)元=元弘(げんこう)2年(1332)隠岐(おき)(島根県)に流されていた後醍醐(ごだいご)天皇から宸筆(しんぴつ)の願文をうけ,翌年その脱出をたすけた。その功によって出雲宇賀荘と三所郷をあたえられる。南北朝分裂後も南朝方に属した。通称は讃岐房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

頼源(2)の関連キーワード南北朝時代天台宗

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android