コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

願証寺 がんしょうじ

世界大百科事典 第2版の解説

がんしょうじ【願証寺】

浄土真宗本願寺系の寺。本願寺蓮如の六男蓮淳が,1501年(文亀1)ころに,伊勢桑名郡長島に開創した。美濃,尾張,伊勢地方の本願寺教団を統括し,土岐氏らの有力武士と結んで勢力を振るい,また蓮淳が本願寺10世証如の外祖父であったことから,教団中枢に重きをなした。1559年(永禄2),本願寺が門跡に補されると,翌年院家に列した。74年(天正2),本願寺と織田信長との間に石山合戦が再発すると,信長は願証寺を攻めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の願証寺の言及

【木曾川】より

…室町末には,三河三ヵ寺の布教によって数多くの末寺,道場が生まれた。木曾川の舟乗り,渡りであろうといわれる河野門徒団が出現し,河口に近い長島には一家衆の願証寺が建立されて,尾濃勢門徒の中心となったが,織田信長に対抗して滅びた。なお流域には,津島の天王社をまつるところが多い。…

【長島一揆】より

…石山合戦期に伊勢国長島(現,三重県桑名郡長島町)を中心に蜂起した一向一揆。濃尾三川(木曾川,長良川,揖斐川)の下流域のいわゆる輪中地帯には,15世紀中葉以後真宗本願寺派の教線が進展し,1501年(文亀1)には蓮如の六男蓮淳を住職とする一家衆寺院長島願証(がんしよう)寺が創建された。70年(元亀1)本願寺顕如が諸国に反織田信長の蜂起を指令すると,尾張南西部,美濃南部,伊勢北部の門徒は反信長の武士と連合して願証寺を主将として蜂起し,11月に信長の弟信興を尾張小木江城に攻めて自殺させた。…

※「願証寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

願証寺の関連キーワード長島[町]石山戦争一向一揆長島一揆長島城

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android