顰む(読み)シカム

デジタル大辞泉の解説

しか・む【×顰む】

[動マ四]顔や額などにしわが寄る。
「―・みたる顔付を見るに及びては」〈鴎外訳・即興詩人
[動マ下二]しかめる」の文語形

ひそ・む【×顰む/×嚬む】

[動マ四]
口などがゆがむ。
「口―・むも知らず」〈宇津保・忠こそ〉
べそをかく。泣き顔になる。
「背きぬる世の去りがたきやうに、自ら―・み御覧ぜられ給ふ」〈夕顔
[動マ下二]ひそ(顰)める」の文語形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しかむ【顰む】

( 動四 )
眉の辺りにしわがよって、不機嫌な表情になる。しわむ。 「男等の-・みたる顔付を見るに/即興詩人 鷗外」 「鼻と眉とが集つて-・うだぞ/史記抄 11
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android