コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空力学 こうくうりきがく aerodynamics

翻訳|aerodynamics

3件 の用語解説(航空力学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空力学
こうくうりきがく
aerodynamics

流体力学と運動力学の応用分野の一つ。流体力学の一部をなす空気力学は,空気中を移動する固体面と空気との相互作用を対象として,航空機の飛行に際して翼,胴体,尾翼,舵,プロペラなどの機体各部に働く空気力やその運動を研究する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうくう‐りきがく〔カウクウ‐〕【航空力学】

流体力学の応用分野。航行中の航空機を対象とし、翼や機体各部に働く大気の力および機体の運動などを研究する学問。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

航空力学
こうくうりきがく
aerodynamics

流体力学の応用分野の一つ。狭い意味では空気力学と同じ意味に使われるが、広い意味では空気力学を応用して翼やプロペラの原理、航空機が飛行する際に機体の各部に働く力や、航空機の運動を論ずる学問である。つまり、翼理論を中心とした空気力学のほかに、プロペラの理論、航空機の性能、運動性、操縦性、安定性などのほか、機体構造の強度までの広い範囲を総合的に取り扱う学問である。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

航空力学の関連キーワード応用力学空気力学磁気流体力学静水力学動力学剛体力学動水力学流体動力学遷移(流体力学)《流体力学》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

航空力学の関連情報