コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空力学 こうくうりきがくaerodynamics

翻訳|aerodynamics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空力学
こうくうりきがく
aerodynamics

流体力学と運動力学の応用分野の一つ。流体力学の一部をなす空気力学は,空気中を移動する固体面と空気との相互作用を対象として,航空機の飛行に際して翼,胴体,尾翼,舵,プロペラなどの機体各部に働く空気力やその運動を研究する。航空機の飛行性能,安定性,操縦性,運動性など,空気力学的設計の基礎となる学問である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうくう‐りきがく〔カウクウ‐〕【航空力学】

流体力学の応用分野。航行中の航空機を対象とし、翼や機体各部に働く大気の力および機体の運動などを研究する学問。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

航空力学
こうくうりきがく
aerodynamics

流体力学の応用分野の一つ。狭い意味では空気力学と同じ意味に使われるが、広い意味では空気力学を応用して翼やプロペラの原理、航空機が飛行する際に機体の各部に働く力や、航空機の運動を論ずる学問である。つまり、翼理論を中心とした空気力学のほかに、プロペラの理論、航空機の性能、運動性、操縦性、安定性などのほか、機体構造の強度までの広い範囲を総合的に取り扱う学問である。[落合一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

航空力学の関連キーワードジュコフスキー(Nikolay Egorovich Zhukovskiy)アレクサンドル・ギュスターブ エッフェルエドウィン・ビドウェル ウィルソンテオドール・フォン カルマンフランシス・D. マーナハンニコライ ジュコフスキーリチャード サウスウェルM.J. ライトヒルG.I. テイラーツィオルコフスキーラルフ アルファーチオルコフスキージュコーフスキー佐々木 達治郎恩賜賞受賞者佐々木達治郎エッフェル田中館愛橘プラントル近藤次郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

航空力学の関連情報