コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食初 くいぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食初
くいぞめ

生児に初めておとなと同じ食物を食べさせる儀礼。ところによって7日目 (→七夜 ) ,50日目,あるいは半年目という例もあるが,モモカ (百日) の祝いとか,モモカの一粒食いというように 100日目前後が多い。生児のために新しい膳,椀,箸などをそろえ,食膳には尾頭付きの魚,赤飯のほかに,歯固めといって小石を載せる地方も多い。 100日目頃には首もすわり,おとなと同じ食物を食べることによって,さらなる成長を願う産育儀礼の一つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android