食初(読み)くいぞめ

精選版 日本国語大辞典「食初」の解説

くい‐ぞめ くひ‥【食初】

〘名〙
① はじめて食べること。
※虎明本狂言・首引(室町末‐近世初)「なんぢがくひぞめにさせう程にいで候へ」
② 生後一二〇日目の小児に、食事を作って食べさせる祝いの儀式。小さな(わん)に、三〇センチメートル以上ので、実際には食べさせるまねだけをし、神棚や祖先の霊にその旨を報告し礼拝する。初めは一〇〇日目(大阪は今も一〇〇日目)に行なったが、食い延ばすという意味から、一二〇日目にするようになった。はしぞめ。はしたて。
※教言卿記‐応永一三年(1406)一一月二五日「北畠黄門小生食初とて禁裏供御申出」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「食初」の解説

食初
くいぞめ

新生児に初めておとなと同じ食物を食べさせる儀礼。ところによって7日目 (→七夜 ) ,50日目,あるいは半年目という例もあるが,モモカ (百日) の祝いとか,モモカの一粒食いというように 100日目前後が多い。生児のために新しい膳,椀,箸などをそろえ,食膳には尾頭付きの魚,赤飯のほかに,歯固めといって小石を載せる地方も多い。 100日目頃には首もすわり,おとなと同じ食物を食べることによって,さらなる成長を願う産育儀礼の一つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android