コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯塚琅玕斎 いいづか ろうかんさい

2件 の用語解説(飯塚琅玕斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯塚琅玕斎 いいづか-ろうかんさい

1890-1958 大正-昭和時代の竹工芸家。
明治23年3月15日生まれ。父に竹工技術をまなんで上京。大正14年のパリ万国装飾美術工芸博覧会で銅賞。昭和7年,9年に帝展で特選。竹細工を芸術の域にたかめた。日展の審査員・参事,日本工芸会理事。昭和33年12月17日死去。68歳。栃木県出身。本名は弥之助。代表作に「花籃(かご)・あんこう」「花籃・富貴」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯塚琅
いいづかろうかんさい
(1890―1958)

竹工芸家。本名彌之助。栃木県生まれ。幼少より父鳳翁(ほうおう)(1851―1916)に竹技を学び、1926年(大正15)パリ万国博覧会で銅賞を受け、1933年(昭和8)シカゴ万国博覧会に出品。大正天皇の即位式用品や、昭和天皇の大礼献上品などの製作をしている。第13回帝展(1932)の竹製筥(はこ)、第15回帝展の竹風爐先屏風(たけふろさきびょうぶ)は特選となり、文展ではしばしば審査員を務め、芸術院会員となり、日本工芸会の理事を務めた。竹工芸界における業績は、精巧できめの細かな竹技と独創的で斬新(ざんしん)な意匠で表現された彼の作品によって、いわば、日常生活用具的竹細工を、美的で鑑賞性に富んだ芸術品に引き上げたことにある。代表作に花籠(はなかご)「銘あんこう」(東京国立近代美術館)、花籃(はなかご)「富貴(ふうき)」(京都国立近代美術館)などがある。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の飯塚琅玕斎の言及

【竹細工】より

…明治・大正期には江戸時代の伝統を受けつぎ,茶道具などに精巧な作品が作られたが,昭和になって伝統的な技法の中に現代的な感覚と意匠を盛り込む努力がはらわれるようになった。飯塚琅玕斎(いいづかろうかんさい)(1890‐1958)や生野祥雲斎(しようのしよううんさい)(1904‐74)らは伝統の継承と現代的な展開を図った代表的竹工芸家である。
[素材と製法]
 日本に産する竹で通常利用されるものに,マダケ(真竹,苦竹(にがたけ)),メダケ(女竹),ネマガリダケ(根曲竹),モウソウチク(孟宗竹),ハチク(淡竹),ホテイチク(布袋竹,五三竹),シホウチク(四方竹),ゴマタケ(胡麻竹),クロチク(黒竹,紫竹(しちく),烏竹(うちく)),ヤダケ(矢竹),斑竹(はんちく),雲文竹(うんもんちく),煤竹(すすだけ)(苦竹,メダケなどの煤けたもの)などがある。…

※「飯塚琅玕斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飯塚琅玕斎の関連キーワード竹工入間野武雄大竹博吉勝城蒼鳳捧吉右衛門生野祥雲斎西岡竹次郎堀進二聖園テレジア飯塚小玕斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone