コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯盛里安(読み)いいもり さとやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯盛里安 いいもり-さとやす

1885-1982 大正-昭和時代の化学者。
明治18年10月19日生まれ。大正3年母校東京帝大の講師となり,8年イギリスに留学,F.ソディに師事した。11年理化学研究所主任研究員。昭和20年放射性・発光性鉱物の研究で学士院賞を受賞。昭和57年10月13日死去。96歳。石川県出身。著作に「天然物放射能」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯盛里安
いいもりさとやす
(1885―1982)

化学者。石川県に加藤里衡の二男として生まれ、飯盛挺造(1851―1916)の養子となる。1910年(明治43)東京帝国大学理科大学化学科を卒業、大学院に進み、1914年(大正3)母校の講師、1917年理化学研究所員、1922年同主任研究員となった。この間、イギリスに留学し、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学で冶金(やきん)学および放射体化学を学び、帰国後、日本産放射性鉱物の放射性・発光性に関する研究を行い、1921年感光発電池の研究で日本化学会桜井褒賞を得た。1944年(昭和19)には希元素の研究で朝日文化賞、1945年には「稀(き)元素鉱物殊に放射性及発光性鉱物に関する研究」で学士院賞を受賞した。1945年理研稀元素工業株式会社取締役会長に就任。著書に『分析化学』『放射化学実験法』『天然物放射能』などがある。[道家達將]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android