コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養廉銀 ようれんぎんyang-lian-yin; yang-lien-yin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

養廉銀
ようれんぎん
yang-lian-yin; yang-lien-yin

中国,清の雍正年間 (1723~35) に新設された地方官に支給する俸禄の一種。養廉とは廉潔心を養うことを意味し,官僚の廉潔を維持するために支給した銀両が養廉銀である。地方官の腐敗堕落や民に対する誅求を防止するため,雍正2 (24) 年に従来地方官が任意に徴収していた火耗などの名目による付加税を公的な徴収に改め (耗羨帰公) ,その収入をもって同6年から支給するようになった。その額は官職や任地などによって相違があった。養廉銀は地方官の俸禄以外に支給されたもので,名目上は養廉であったが,それまで任意に徴収していた付加税を合法化したものにすぎず,地方官による誅求や搾取の弊害は改まらなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようれんぎん【養廉銀 Yǎng lián yín】

中国,清代における文官給与の一種で,職務手当ともいうべきもの。養廉とは具体的には官僚が汚職をせずに生活することで,本来は正規の俸給にその意味がこめられていたはずであるが,明代以来本俸以外の手当にこの名を用いる例が出てきた。辺臣養廉田などというのがそれである。明代以来の官僚の給与はきわめて低く,そのため官界の腐敗にははなはだしいものがあった。地方官は徴税の際,付加税を恣意的に徴収して生活費にあて,上官は下僚からの付け届けに頼っていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

養廉銀の関連キーワードサン・シモン阪神高速道路会社魚町商店街火災池大雅今井似閑小沢蘆庵河羨録楫取魚彦スミス戴震

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone