コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養鸕徹定 うがい てつじょう

3件 の用語解説(養鸕徹定の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

養鸕徹定 うがい-てつじょう

1814-1891 幕末-明治時代の僧。
文化11年3月15日生まれ。京都で仏教と儒学を,江戸増上寺浄土宗学をまなぶ。明治2年諸宗同徳会盟の盟主につき,仏教擁護とキリスト教排斥運動の中心となる。5年浄土宗初代管長。7年知恩院住職。明治24年3月15日死去。78歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。旧姓は鵜飼。号は瑞蓮社順誉金剛宝阿,古経堂,杞憂道人など。著作に「仏法不可斥論」「笑耶(しょうや)論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

うがいてつじょう【養鸕徹定】

1814‐91(文化11‐明治24)
浄土宗の僧。有馬藩士鵜飼万五郎政善の次男,6歳で久留米西岸寺禅竜について出家。江戸増上寺で修学ののち,京都,奈良で古経の校合,古画聖教類の収集につとめ,1861年(文久1)武蔵岩槻の浄国寺に住した。明治維新後,廃仏毀釈から仏教を防護することに意を注ぎ,またキリスト教の排斥を積極的に行った。72年(明治5),浅草誓願寺ついで小石川伝通院に転じ,初代の浄土宗管長となった。74年知恩院75代住職となり,同院の権威向上と復興に挺身した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徹定
うがいてつじょう
(1814―1891)

明治前期の浄土宗の僧。文化(ぶんか)11年3月15日筑後(ちくご)(福岡県)に生まれる。松翁(しょうおう)、古渓(こけい)、古経堂(こきょうどう)、杞憂道人(きゅうどうじん)などと称した。6歳で久留米(くるめ)西岸寺の禅龍(ぜんりゅう)について剃髪(ていはつ)、上洛(じょうらく)して儒仏二道を学ぶ。幕末・維新期には諸宗同徳会盟に加わり、『仏法不可斥論(ぶっぽうふかしゃくろん)』を著して排仏論に反駁(はんばく)し、『闢邪管見録(びゃくじゃかんけんろく)』『笑耶論(しょうやろん)』などを著してキリスト教排斥(はいせき)に努めた。また武蔵(むさし)国岩槻(いわつき)(埼玉県)の浄国寺、東京小石川の伝通(でんずう)院を経て、知恩院75世の住職となり、宗学西部本校を創立し、1885年(明治18)3月浄土宗管長となった。書画、詩文にも優れ、仏教考証史家、鑑識家としても著名である。明治24年3月15日示寂。[金田諦応]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

養鸕徹定の関連キーワード鴻雪爪淡海玉潾六条有容佐々木信瑞国風文化浄土変相浅見野井荒川文六蜂須賀治昭渡辺潔綱

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone