コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養鸕徹定 うがい てつじょう

3件 の用語解説(養鸕徹定の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

養鸕徹定 うがい-てつじょう

1814-1891 幕末-明治時代の僧。
文化11年3月15日生まれ。京都で仏教と儒学を,江戸増上寺浄土宗学をまなぶ。明治2年諸宗同徳会盟の盟主につき,仏教擁護とキリスト教排斥運動の中心となる。5年浄土宗初代管長。7年知恩院住職。明治24年3月15日死去。78歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。旧姓は鵜飼。号は瑞蓮社順誉金剛宝阿,古経堂,杞憂道人など。著作に「仏法不可斥論」「笑耶(しょうや)論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うがいてつじょう【養鸕徹定】

1814‐91(文化11‐明治24)
浄土宗の僧。有馬藩士鵜飼万五郎政善の次男,6歳で久留米西岸寺禅竜について出家。江戸増上寺で修学ののち,京都,奈良で古経の校合,古画聖教類の収集につとめ,1861年(文久1)武蔵岩槻の浄国寺に住した。明治維新後,廃仏毀釈から仏教を防護することに意を注ぎ,またキリスト教の排斥を積極的に行った。72年(明治5),浅草誓願寺ついで小石川伝通院に転じ,初代の浄土宗管長となった。74年知恩院75代住職となり,同院の権威向上と復興に挺身した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徹定
うがいてつじょう
(1814―1891)

明治前期の浄土宗の僧。文化(ぶんか)11年3月15日筑後(ちくご)(福岡県)に生まれる。松翁(しょうおう)、古渓(こけい)、古経堂(こきょうどう)、杞憂道人(きゅうどうじん)などと称した。6歳で久留米(くるめ)西岸寺の禅龍(ぜんりゅう)について剃髪(ていはつ)、上洛(じょうらく)して儒仏二道を学ぶ。幕末・維新期には諸宗同徳会盟に加わり、『仏法不可斥論(ぶっぽうふかしゃくろん)』を著して排仏論に反駁(はんばく)し、『闢邪管見録(びゃくじゃかんけんろく)』『笑耶論(しょうやろん)』などを著してキリスト教排斥(はいせき)に努めた。また武蔵(むさし)国岩槻(いわつき)(埼玉県)の浄国寺、東京小石川の伝通(でんずう)院を経て、知恩院75世の住職となり、宗学西部本校を創立し、1885年(明治18)3月浄土宗管長となった。書画、詩文にも優れ、仏教考証史家、鑑識家としても著名である。明治24年3月15日示寂。[金田諦応]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

養鸕徹定の関連キーワードブルボン朝葛飾北斎奈破崙竹垣直温エイズボル憲法ルイ[18世]ネパール戦争ノルウェー文学冒険小説松平斉民

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone