コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

館通因 たち みちよし

1件 の用語解説(館通因の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

館通因 たち-みちよし

1826-1904 江戸後期-明治時代の歌人。
文政9年2月24日生まれ。和歌を黒沢翁満,佐々木弘綱,千種有功(ちぐさ-ありこと)に,漢学を斎藤拙堂にまなぶ。明治37年3月16日死去。79歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。初名は通徳。通称は友右衛門。号は楠園,吾足斎。著作に「西東日記」,歌集に「楠園集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

館通因の関連キーワード佐々木古信佐藤由理子昇斎一景椎陰関直吉鶴賀新内(5代)遠山廬山中村理禎服部鷯吉吉田宗賀

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone