コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首掛芝居 くびかけしばい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

首掛芝居
くびかけしばい

近世における傀儡師 (かいらいし) の芝居。人形遣いが,街頭などで,小さな箱状の舞台を首に掛け,人形を舞わせて見物に見せたもの。近世後期以後は衰微した。恵比須回し (夷回し) ,山猫回しなどともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くびかけ‐しばい〔‐しばゐ〕【首掛(け)芝居】

江戸時代の大道芸。人形を入れた箱をひもで首に掛け、その箱の上で人形を操るもの。傀儡(くぐつ)回し。木偶(でこ)回し。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

首掛芝居の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android