コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬上免 ばじょうめん

1件 の用語解説(馬上免の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばじょうめん【馬上免】

荘園,国衙領において,検注使の立入りが免除された土地。馬上免を含め,〈馬上〉〈馬上検田〉〈馬上帳〉など一連の用語は,検注使が騎馬で巡回し,田畠(でんぱく)を検注したことに由来する。このうち馬上帳は10世紀からみえるが,馬上免は仁安元年(1166)度の飛驒国雑物進未注進状(書陵部所蔵中右記部類裏文書)の得永郷の項に〈一段半馬上免〉とあるのが早い例である。元弘3年(1333)12月日の越前大塩八幡宮神主愁状(八幡宮文書)には大塩保鎮守八幡宮神田は〈馬鼻を向けられず馬上免を致す〉とあり,また年未詳安芸国衙領注進状(田所文書)の佐西郡己斐(こい)村(現,広島県広島市西区)の項には〈馬上免七段 新宮免五反 衣波(えば)社免二反〉とみえるので,仏神田がこの特典をうけることが多かったことがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

馬上免の関連キーワード加徴米検注国衙領守護請定田名田検注帳検注使立入り土地立入権

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone