コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬瀬 まぜ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬瀬
まぜ

岐阜県中央部にある地区。旧村名。 2004年3月萩原町はじめ4町と合併し,下呂市となった。飛騨川の支流馬瀬川流域にあり,アユ釣りの名所で,林業畜産が行なわれる。古代遺跡が多い。国道 257号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬瀬
まぜ

岐阜県中東部、益田(ました)郡にあった旧村名(馬瀬村(むら))。現在は、下呂(げろ)市の北西部を占める一地区。旧馬瀬村は、2004年(平成16)萩原(はぎわら)、小坂(おさか)、下呂(げろ)、金山(かなやま)の4町と合併、市制施行して下呂市となる。飛騨(ひだ)川に並行して南流する支流の馬瀬川に沿う細長く谷幅の狭い僻村(へきそん)であった。全面積の95%は山林のため、耕地に恵まれず、農業は自給的で、一部で市場向けにトマト、夏ギクを栽培する程度。馬瀬川沿いに国道257号が通り、新日和田トンネル経由で、旧萩原・旧下呂両町域への通勤者が多い。[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

馬瀬の関連キーワード三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区三浦せせらぎ渓谷県立自然公園カオレオートキャンプ場岐阜県下呂市馬瀬西村岐阜県下呂市馬瀬名丸浅間縄文ミュージアム最も美しい村運動馬瀬川花火大会金山(岐阜県)中山 久四郎岐阜県下呂市並木文右衛門馬瀬[村]多目的ダム下呂(市)下呂[市]金山[町]馬瀬〈村〉岩屋ダム大物忌

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬瀬の関連情報