馬瀬(読み)まぜ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬瀬
まぜ

岐阜県中東部、益田(ました)郡にあった旧村名(馬瀬村(むら))。現在は、下呂(げろ)市の北西部を占める一地区。旧馬瀬村は、2004年(平成16)萩原(はぎわら)、小坂(おさか)、下呂(げろ)、金山(かなやま)の4町と合併、市制施行して下呂市となる。飛騨(ひだ)川に並行して南流する支流の馬瀬川に沿う細長く谷幅の狭い僻村(へきそん)であった。全面積の95%は山林のため、耕地に恵まれず、農業は自給的で、一部で市場向けにトマト、夏ギクを栽培する程度。馬瀬川沿いに国道257号が通り、新日和田トンネル経由で、旧萩原・旧下呂両町域への通勤者が多い。[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬瀬の関連情報