コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下呂 げろ

4件 の用語解説(下呂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下呂
げろ

岐阜県中東部,飛騨川の上流益田川中流域にある地区。旧町名。 1926年町制。 1955年竹原,上原,中原の3村と合体。 2004年3月萩原町はじめ3町1村と合併し,下呂市となった。古くは飛騨路の宿場町で,1934年高山本線の開通により温泉町として発展。中心市街地下呂は温泉街 (下呂温泉 ) をなす。区域の多くは山林で,コンニャクなどの栽培が行なわれる。田の神祭は重要無形民俗文化財に指定。竹原のシダレグリ自生地は天然記念物。断崖絶壁をなす益田川流域は中山七里と呼ばれる景勝地で,飛騨木曾川国定公園に属する。川沿いを国道 41号線が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

げろ【下呂】

岐阜県東部の市。御嶽山おんたけさんなどの山々に囲まれ、中央を飛驒川が流れる。下呂地区は飛驒街道の旧宿場町。益田川沿いの温泉町として知られる。 → 下呂温泉

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下呂
げろ

岐阜県中東部、益田(ました)郡にあった旧町名(下呂町(ちょう))。現在は、下呂(げろ)市の南東部を占める一地区。1926年(大正15)町制施行。1955年(昭和30)竹原、上原(かみはら)、中原の3村を合併。2004年(平成16)萩原(はぎわら)、小坂(おさか)、金山(かなやま)の3町および馬瀬(まぜ)村と合併、市制施行して下呂市となる。下呂温泉で知られた旧下呂町のおもな町並みは、南流する飛騨(ひだ)川(益田川)に沿う。JR高山本線、国道41号、257号が通じ、中京、関西などからの観光客が多い。下呂温泉は泉源が川原にあるため、明治以後、たびたび洪水で湯口が止まり、さびれたが、1924年新泉源の掘削の成功、昭和初期の高山線の開通などに伴い、急速に温泉町としてよみがえった。その後、温泉旅館も増え、近代化、大型化、高層化も進み、変容が著しい。金山町金山から三原までの飛騨川の渓谷は中山七里とよばれる景勝地で、屏風(びょうぶ)岩や羅漢岩などの奇岩がみられる。森地区で2月に行われる田の神祭は、中世の田遊び(田楽)を伝える行事で国指定重要無形民俗文化財である。同地区には合掌村があり、旧大戸(おおど)家住宅(国指定重要文化財)など白川郷から移築した民家が並び、紙漉(す)きなどの体験ができる工房がある。竹原のシダレグリ自生地は国指定天然記念物。[上島正徳]
『『下呂町誌』(1954・下呂町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下呂の関連情報