コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馭戎慨言 ぎょじゅうがいげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馭戎慨言
ぎょじゅうがいげん

「からおさめのうれたみごと」ともいう。本居宣長著。2巻4冊。安永6 (1777) 年 12月に成り,翌2月浄書,渡辺重名,鈴木朗の序で,寛政8 (96) 年刊。古代から近世初頭にいたる日本と中国,朝鮮との外交史を研究し,論評したもの。『本居宣長全集』『有朋堂文庫』『新註皇学叢書』などに所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

からおさめのうれたみごと【馭戎慨言】

国学書。二巻。本居宣長著。1778年(安永7)成立。日本と中国・朝鮮との交渉を、日本を中心とする立場から通史的に考察し、中国崇拝を排して古道を主張した。ぎょじゅうがいげん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

馭戎慨言の関連キーワード鈴木朖交渉成立古道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android