古道(読み)こどう

日本大百科全書(ニッポニカ)「古道」の解説

古道
こどう

古来使われてきた道で、いまもその痕跡(こんせき)を残しているもの。広義には、近代的車道・新道に対して、それ以前の人馬往来の道をさすが、所によっては、江戸時代の旧街道を外れて残る古代・中世の道を道とよぶことがある。歴史の諸時代にはそれぞれ特有の道路網があり、都鄙(とひ)間の幹線路、地域間の支線路、地域内の日常生活路、それらと重なりつつ独自のルートをとる信仰の道などが、それぞれの役割を担い、交通様式の変遷につれて興廃を繰り返した。近現代の車道・鉄道発達の陰で、無数の旧道が埋没し廃絶していったが、なかには地域民間の暮らしのなかでなお生命を保ち、その道筋、路相、遺跡、風物などに古風を伝えているものが少なくない。近年乱開発が進むなかで、これら古道を貴重な歴史的遺産として再評価し、沿道や周囲の史跡、文化財、自然景観と一体のものとして保存・整備して、広域的な歴史の現地学習や、地域の望ましい文化的環境づくりに役だてようとする動きが各方面で活発になってきた。文化庁による熊野古道(熊野街道)など「歴史の道」の指定と整備事業はその例である。また、環境省が整備を進めている東海自然歩道、九州自然歩道などの「長距離自然歩道」(2000年の利用者は5252万4000人)にも同じ構想が組み込まれている。なお、熊野古道は、2004年(平成16)「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

[戸田芳実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「古道」の解説

古道
こどう

一般的には昔の聖人賢人の踏み行なった道,古代の学問道義技芸あるいはその方法を意味するが,普通,本居宣長や平田篤胤らを代表とする国学古道説のそれをさすことが多い。国学古道説の古道とは,仏教儒教などの外来思想を排斥し直接『古事記』『日本書紀』によることによって明らかにされる日本古代の神話的世界の事跡を意味する。宣長の『直毘霊』や篤胤の『古道大意』などにその大要が述べられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「古道」の解説

ふる‐みち【古道】

〘名〙 古い道。古くつくられた道。旧道。こどう。
※類聚国史‐七五・曲宴・延暦一四年(795)四月戊申「天皇誦古歌曰。古への野中浮流彌知(フルミチ) 改めば改まらむや野中浮流彌知(フルミチ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「古道」の解説

こ‐どう〔‐ダウ〕【古道】

古い道路。旧道。
古代の、あるいは古来の道義・学問・文化。

ふる‐みち【古道】

古い道。旧道。こどう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の古道の言及

【神道】より

…しかし,明確な教義を持たず,農耕などの儀礼を中心とした生活習慣そのものであった神々の祭祀を,仏教や儒教と同列に考えることは種々の無理があったことはいうまでもなく,上記の例も中国を意識した文章上の配慮から神道の語を用いたものと思われる。《古事記》や《日本書紀》では,本教,神習,神教,徳教,大道,古道などの語もカミと読ませているところからもうかがえるように,カミということばの表記も一定しておらず,神道という語もそれらの一つでしかなかった。日本の土着の信仰を,神道と呼ぶことは,中世に入っても一般化してはおらず,神道の語をカミそのもの,あるいはカミの働きをさすことばとして用いている例は少なくない。…

【道】より

…しかし古来の道は,東山道が木曾路を選ぶようになる大変化のほかは江戸時代に至るまで大筋において守られている。
[古道の検討]
 東海道筋には,関東に入る際に一つの大きな路線の変更がある。それは足柄峠越えから箱根峠越えへの変更である。…

【都路[村]】より

…周囲を五十人山(883m)をはじめとする標高700~900mの山々に囲まれ,山林原野が村域の大半を占める。中心集落は古道(ふるみち)で,郡山市と浜通り中部とを結ぶ旧都路街道(国道288号線)に面する街村である。古くから製炭と馬産が行われ,特に馬産は17世紀に三春藩が優良馬を貸し付けて奨励して以来盛んになった。…

※「古道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android