駕輿丁座(読み)カヨチョウザ

デジタル大辞泉の解説

かよちょう‐ざ〔カヨチヤウ‐〕【××輿丁座】

中世の京都で、駕輿丁が結成した。各種の商業に進出し、課役免除の特権や専売権をもっていた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かよちょうざ【駕輿丁座】

中世、京都で商工業者化した駕輿丁が組織した座。課税免除の特権をもち、種々の専売権を行使した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駕輿丁座
かよちょうざ

神輿(みこし)や、天皇の鳳輦(ほうれん)を担ぐ駕輿丁が、その奉仕と特権の擁護のために、連帯組織として結んだ座。通常は天皇の駕輿丁で、朝廷の左右近衛府(このえふ)と左右兵衛(ひょうえ)府に属した四府(しふ)駕輿丁座をさす。彼らは四府あわせて約200人、近江(おうみ)犬上(いぬかみ)郡その他に散在し、課役免除の特権を得、上番(じょうばん)して奉仕をしたが、鎌倉時代を境に、都市商工業者の特権団体と化した。課役免除のみならず、専売権を行使する職種もあり、ときには駕輿丁奉仕を拒否して免税権などを主張した。そのため1430年代(永享(えいきょう)ころ)には米売りだけで120人余に膨張した。豊臣(とよとみ)秀吉の楽座令でその特権は否定されたが、近世を通じて座は存続した。[脇田晴子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android