コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木壬太郎 たかぎみずたろう

3件 の用語解説(高木壬太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高木壬太郎
たかぎみずたろう

[生]元治1(1864).5.20. 遠江
[没]1921.1.27. 東京
メソジスト派牧師,神学者,教育家。 1886年静岡教会で受洗。 93年東洋英和学校神学部卒業。 1904年青山学院専門学校新約聖書学教授,一時,その神学が自由主義であるとして不遇であったが,のち同学院第4代院長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木壬太郎 たかぎ-みずたろう

1864-1921 明治-大正時代の神学者,教育家。
元治(げんじ)元年5月20日生まれ。平岩愃保(よしやす)から受洗。カナダビクトリア大に留学。帰国後メソジスト教会の牧師となり,同時に青山学院の教授をつとめ,大正2年院長。明治44年「基督(キリスト)教大辞典」を出版。大正10年1月27日死去。58歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。東洋英和学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高木壬太郎

没年:大正10.1.27(1921)
生年:元治1.5.20(1864.6.23)
明治時代キリスト教牧師,教育者。静岡県生まれ。静岡師範学校に学び,小学校教育に尽力。明治18(1885)年キリスト教宣教師F.A.カシディの説教を聞き,求道の志をたて,翌年平岩愃保から山路愛山と共に静岡メソジスト教会で洗礼を受ける。東洋英和学校とカナダのヴィクトリア大学の神学部で学び,帰国後は牧師,青山学院教授・院長として活躍。青山学院神学部教授のとき,5年の歳月を費やし,独力で編集し執筆した『基督教大辞典』(1911)は,キリスト教の知識を広めることに多大の貢献をした。<参考文献>警醒社編『信仰三十年基督者列伝』,「故高木壬太郎氏略歴」(『青山学報』18号),高木二郎『わが父高木壬太郎を語る』

(原島正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高木壬太郎の関連キーワード海老名弾正石原謙小川義綏キリスト教会耶蘇キリスト教徒市川栄之助気賀重躬篠崎桂之助松野菊太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone