墨守(読み)ボクシュ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)《中国で、思想家の墨子が、の城を楚(そ)の攻撃から九度にわたってったという「墨子」公輸の故事から》自己の習慣や主張などを、かたく守って変えないこと。「旧説を墨守する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
墨子がよく城を守り通し、楚軍を退けたという墨子公輸の故事から
昔からのしきたりや自説を固く守ること。 旧習を-する 諸君公徳抔と云ふ野蛮の遺風を-してはなりません/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かたくなに守り通すことや、自説や我意を固持して曲げないことをいう。中国、戦国時代初期の周の思想家(ぼくてき)(墨子)が、宋(そう)の軍に加わって楚(そ)軍と戦った際、楚の魯般(ろはん)(公輸盤(こうしゅはん))が発明した新兵器の雲梯(うんてい)を用いて、9回にわたり攻撃を仕掛けたが、ついにこれを耐えしのいで城を守り抜いた、と伝える『墨子』「公輸篇(へん)」の故事による。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (墨子がよく城を守って、楚の軍をしりぞけたという故事から) 頑固に守り通すこと。また、自説をかたく守って変えないこと。
※本朝文粋(1060頃)九・後漢書竟宴詠史得龐公詩序〈紀長谷雄〉「発彼先儒之墨守、撃以後学之蒙求」 〔後漢書‐鄭玄伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

墨守の関連情報