コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高瀬荘太郎 たかせそうたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高瀬荘太郎
たかせそうたろう

[生]1892.3.9. 富士宮
[没]1966.9.4. 東京
商業学者,教育家。高瀬家は静岡県の地主で,祖父の代から殖産興業に尽力した。 1916年東京高等商業学校 (現一橋大学) 卒業後,母校の教授として欧米に留学して商学を研究し,24年母校の東京商科大学教授となり,もっぱら科学的な商業学の樹立に努めた。 40年同大学学長に就任。第2次世界大戦後は政界に転じ,参議院議員となり,吉田内閣国務大臣文部大臣通産大臣郵政大臣歴任した。主著に『暖簾の研究』 (1930) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高瀬荘太郎 たかせ-そうたろう

1892-1966 大正-昭和時代の会計学者,政治家。
明治25年3月9日生まれ。昭和15年東京商大学長となる。戦後22年第1次吉田内閣の経済安定本部総務長官兼物価庁長官となり,同年参議院議員(当選3回,緑風会)。第3・第4次吉田内閣の文相,通産相,郵政相を歴任。昭和41年9月4日死去。74歳。静岡県出身。東京高商(現一橋大)卒。著作に「会計学」「企業財政論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高瀬荘太郎の関連キーワード昭和時代政治家大正

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android