高石 真五郎(読み)タカイシ シンゴロウ

  • 高石 真五郎 (たかいし しんごろう)

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の新聞記者,新聞経営者 毎日新聞社社長。



生年
明治11(1878)年9月22日

没年
昭和42(1967)年2月25日

出生地
千葉県鶴舞町

別名
号=飄々

学歴〔年〕
慶応義塾大学法学部〔明治34年〕卒

主な受賞名〔年〕
新聞文化賞〔昭和36年〕,勲一等瑞宝章〔昭和39年〕,文化功労者〔昭和41年〕,オリンピック功労章

経歴
明治34年大阪毎日新聞社入社、外信部から35年海外留学、特派6年余。外信部長、主筆、会長を経て昭和20年9月社長に就任、11月辞任。その間、明治38年日露戦争直後初の日本人特派員としてロシア入り。40年のハーグ万国平和会議では、韓国が独立要求キャンペーンのため密使を派遣していたことをスクープした。大正7年のパリ講和会議にも渡欧。昭和12年には近衛文麿首相の特使として渡米、中国問題で巡回講演するなど国際的新聞人として活躍した。またIOC委員として東京五輪、札幌冬期五輪招致に尽くした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1878年9月22日
明治時代-昭和時代のジャーナリスト;新聞経営者。毎日新聞社社長;IOC委員
1967年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android