コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高石真五郎 たかいし しんごろう

4件 の用語解説(高石真五郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高石真五郎

ジャーナリスト・新聞経営者。号は瓢々。高石四郎治の五男。千葉県生。慶大卒。大阪毎日新聞外国通信部長・政治部長を経て主筆となり、英文毎日主筆も兼ねる。のち編集主幹・会長、IOC委員となり東京オリンピック招致に貢献。社長・最高顧問を務める。昭和42年(1967)歿。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高石真五郎 たかいし-しんごろう

1878-1967 明治-昭和時代のジャーナリスト,新聞経営者。
明治11年9月22日生まれ。34年大阪毎日新聞社に入社。海外特派員,外信部長,政治部長,編集主幹などをへて昭和20年社長となる。14年以来IOC委員をつとめ,戦後の東京五輪,札幌冬季五輪の招致につとめた。41年文化功労者。昭和42年2月25日死去。88歳。千葉県出身。慶応義塾卒。号は瓢々。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高石真五郎
たかいししんごろう

[生]1878.9.22. 千葉
[没]1967.2.25. 東京
ジャーナリスト,国際オリンピック委員会 IOC委員,日本体育協会顧問。慶應義塾法学部卒業。大阪毎日新聞社に入社し,外信部長,主筆を経て,1938年会長となり,1945年9月社長に就任したが2ヵ月で辞任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高石真五郎
たかいししんごろう
(1878―1967)

ジャーナリスト。明治11年9月22日、千葉県鶴舞(つるまい)町(現、市原市)に生まれる。1901年(明治34)慶応義塾大学卒業、大阪毎日新聞社入社、翌1902年イギリスに留学。以後、海外特派員、外国通信部長を務め、第二次世界大戦前屈指の国際記者であった。その後、主筆、社長として『毎日新聞』を主宰したが、敗戦後の1945年(昭和20)辞職した。1939年以来、国際オリンピック委員会(IOC)委員としてスポーツ界に貢献。昭和42年2月25日没。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高石真五郎の関連情報