コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高踏的 コウトウテキ

デジタル大辞泉の解説

こうとう‐てき〔カウタフ‐〕【高踏的】

[形動]
世俗を離れて気高く身を保っているさま。「高踏的な文学」
独りよがりにお高くとまっているさま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうとうてき【高踏的】

( 形動 )
世俗を超越して、孤高を保っているさま。
ひとりよがりで、おたかく構えているさま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

高踏的の関連キーワードシットウェル(Edith Sitwell)クリル・バーノン コノリー砂金(西条八十の詩集)新ロマン主義(日本)エルバート ハバードイブン・ハズム新日曜美術館ヘルナンデスシットウェルマカーマート生田 葵山ブリクセン一筆斉文調日本浪曼派木下杢太郎カバフィスセイヤーズ昴・スバル伊良子清白福田 久道

高踏的の関連情報