コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高踏的 コウトウテキ

デジタル大辞泉の解説

こうとう‐てき〔カウタフ‐〕【高踏的】

[形動]
世俗を離れて気高く身を保っているさま。「高踏的な文学」
独りよがりにお高くとまっているさま。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうとうてき【高踏的】

( 形動 )
世俗を超越して、孤高を保っているさま。
ひとりよがりで、おたかく構えているさま。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

高踏的の関連キーワードシットウェル(Edith Sitwell)クリル・バーノン コノリー砂金(西条八十の詩集)新ロマン主義(日本)エルバート ハバードイブン・ハズム新日曜美術館シットウェルマカーマートヘルナンデス日本浪曼派ブリクセン生田 葵山カバフィス福田 久道伊良子清白木下杢太郎日夏耿之介セイヤーズ昴・スバル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高踏的の関連情報