気高い(読み)ケダカイ

デジタル大辞泉「気高い」の解説

け‐だか・い【気高い】

[形][文]けだか・し[ク]《古くは「けたかし」》
すぐれて上品に見える。気品がある。「―・い雰囲気」「―・い心」
身分が高い。高貴である。
「生き給ひての御宿世は、いと―・くおはせし人」〈蜻蛉
[派生]けだかさ[名]
[類語]上品高尚典雅神聖高踏的崇高高邁高遠超然超俗孤高脱俗俗離れ浮世離れ世間離れ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android