孤高(読み)ココウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐こう〔‐カウ〕【孤高】

[名・形動]俗世間から離れて、ひとり自分の志を守ること。また、そのさま。「孤高を持(じ)する」「孤高な(の)人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ここう【孤高】

ただひとり、他とかけ離れて高い境地にいること。 「 -の精神」 「 -を持する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐こう ‥カウ【孤高】

〘名〙 (形動) ひとり他にぬきんでて高いこと。立しつつ、自らの志を守ること。また、そのさま。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)五・暮春与伴蒿蹊春蘭洲遊兎道「出語孤高動忤俗、人道我狂吾不狂」
※大阪の反逆(1947)〈坂口安吾〉「孤高の文学という。然し、真実の孤高の文学ほど万人を愛し万人の愛を求め愛に飢えているものはないのだ」 〔高適‐同諸公登慈恩寺浮図詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孤高の関連情報