コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤高 ココウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐こう〔‐カウ〕【孤高】

[名・形動]俗世間から離れて、ひとり自分の志を守ること。また、そのさま。「孤高を持(じ)する」「孤高な(の)人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ここう【孤高】

ただひとり、他とかけ離れて高い境地にいること。 「 -の精神」 「 -を持する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

孤高の関連キーワードルビンシテイン、アントン:ドレスデンの思い出、6つの小品/piano soloベネデッティ・ミケランジェリ王侯に事えずその事を高尚にすオスカル レヴェルティンジョージア オキーフミルトン エィヴリーARROW アローイーサン ブラックビリエドリラダン昭和元禄落語心中ジャン グルニエギャラクシー銀座テオ ヴァルレヘラクレイトスツベターエワ大田垣蓮月日夏耿之介柴田錬三郎加藤文太郎希ガス元素

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孤高の関連情報