コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高邁 こうまいmegalopsychia; générosité

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高邁
こうまい
megalopsychia; générosité

アリストテレスおよびデカルトにおいて重視された概念。原義は「寛大な心」「雄大な魂」を意味するが,特にアリストテレスでは中庸の徳の一種として,これが不足すると卑屈となり,過剰になると虚栄に陥る。したがって邁は名誉と不名誉にかかわっている。またデカルトにおいては「気高さ」の意味をもち自由意志の正しい使用に対する決意感,それを支える自尊感として重視される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐まい〔カウ‐〕【高×邁】

[名・形動]志などがたかく、衆にぬきんでていること。また、そのさま。「高邁な精神」「高邁な理想に燃える」
[派生]こうまいさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうまい【高邁】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
けだかく優れている・こと(さま)。 「 -な理想」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

高邁の関連キーワードビンディング(Rudolf Georg Binding)ハント(William Holman Hunt)コルネイユ(Pierre Corneille)セグメンテーション・ストラテジー每・埋・妹・昧・枚・毎・米・邁ベネディクツス15世パナイティオスフェイディアスヘラクレイトス教養と無秩序ル・シッド近藤平三郎日本浪曼派利益政治佐藤直方ビーナス居敬窮理早野巴人大押韻派ルイーニ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高邁の関連情報