コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超然 ちょうねん

美術人名辞典の解説

超然

歌僧。名は若英、号は虞淵・高尚坊。勝の養子和歌香川黄中に学び、詠歌は『鴨川集』『名所歌集』等に採録されている。史籍にも精通し、勤王の志も厚かった著書に『斥邪漫筆』がある。慶応4年(1868)寂、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ぜん〔テウ‐〕【超然】

[ト・タル][文][形動タリ]物事にこだわらず、平然としているさま。世俗に関与しないさま。「時代の風潮に超然としている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

超然 ちょうねん

1793*-1868 江戸時代後期の僧。
寛政4年12月23日生まれ。浄土真宗本願寺派。西本願寺学林でまなぶ。同寺の大谷光沢に命じられて,「真宗法要典拠」の校訂にあたる。のち頼三樹三郎(らい-みきさぶろう),月性(げつしょう)らと尊攘(そんじょう)運動に従事。慶応4年2月29日死去。77歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。字(あざな)は不群。号は虞淵。法名は別に若英。著作に「日本僧宝事苑」「反正紀略」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうぜん【超然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
世俗的な物事にこだわらないさま。 「どんな中傷にも-としている」 「 -たる態度」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

超然の関連キーワードウシャクルギルデタッチメント光栄ある孤立黒田清隆内閣清浦奎吾内閣蝉蛻・蟬蛻アパテイア憲政の常道責任内閣制我関せず焉大田 南岳カニンガム清浦奎吾政党内閣超然主義出世間的責任内閣黒田清隆亀田窮楽世間離れ

超然の関連情報