コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮨桶 スシオケ

デジタル大辞泉の解説

すし‐おけ〔‐をけ〕【××桶】

鮨飯を作るときに用いる浅い、白木。もと、熟(な)れずしを作る漬け込みの桶。飯台(はんだい)。飯切(はんぎり)。 夏》「―を洗へば浅き遊魚かな/蕪村
鮨を並べる円形の平たい器。木製や樹脂製で塗りが施されている。多く、出前などで使う。盤台

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すしおけ【鮨桶】

鮨を盛りつける、浅い桶状の器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

すしおけ【鮨桶】

➀すしを盛りつける浅い桶。出前のときなどに用いる。黒い漆塗りのものが多い。
すし飯を作るのに用いる浅い桶。ちらしずしなどを盛りつけて、そのまま供することもある。さわら材が良いとされる。◇「はんぎり」「はんだい」ともいう。◆すしは当て字で「寿司」と書くことも多い。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

鮨桶の関連キーワード円形木製酒鮨桶屋遊魚

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android