コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯛生鉱山 たいおこうざん

3件 の用語解説(鯛生鉱山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鯛生鉱山
たいおこうざん

大分,福岡,熊本3県の県境をなす三国山 (994m) の北東麓にあった金鉱山。鉱脈は含金銀石英脈。大分県側の鯛生坑口と福岡県側の矢部坑口との間に,東西約 3.5km,幅約 40mの数条の鉱脈が走る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鯛生鉱山【たいおこうざん】

大分県日田郡中津江(なかつえ)村(現・日田市)にあった金銀鉱山。1898年に採掘開始,1936年―1937年には全国の約1/2の金を産出したが,第2次大戦中に閉山。
→関連項目高玉鉱山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鯛生鉱山
たいおこうざん

大分県西部、日田(ひた)市中津江(なかつえ)地区にある金山。変朽安山岩を母岩として数条の金鉱脈が走っている。1898年(明治31)発見され、翌年から採鉱、1925年(大正14)からの木村瞭之助(りょうのすけ)の経営期には年産2.5トン、従業員2500人に達し、人口8000人の金山町ができたが、1943年(昭和18)休山。1948年(昭和23)再開、1961、1962年には鴻ノ舞(こうのまい)(北海道)に次ぐ生産量を示すに至ったが、1970年閉山。1983年見学施設を整えて観光地とした。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鯛生鉱山の関連キーワード雄勝峠筑肥山地三国山脈仇をなす恐れをなす重きをなす山をなす子中をなす白砂山信をなす

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone