コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高玉鉱山 たかだまこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高玉鉱山
たかだまこうざん

福島県郡山市磐梯熱海温泉の北東 4kmにあった金・銀鉱山。新第三紀鮮新世流紋岩安山岩凝灰岩頁岩中の浅熱水性の金・銀石英脈で,鶯,本山,青木葉の 3鉱床群からなる。天正年間(1573~92)に会津の蘆名氏が開坑し,のち蒲生氏に引き継がれた。一時休山したが,1886年再開。1930年青化精錬を開始,1930年代には九州の鯛生鉱山,北海道の鴻之舞鉱山と並び日本三大金山といわれた。1943年精錬を中止しケイ酸鉱として日立鉱山に売鉱。経営は 1962年に日本鉱業から高玉鉱山に移ったが,1973年に閉山。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

高玉鉱山【たかたまこうざん】

福島県郡山市北部,安達太良山(あだたらやま)南麓にある金・銀鉱山。天正(1573年−1592年)のころ蘆名(あしな)氏のとき蘆名四大金山の一つに数えられ,蒲生(がもう)氏に引き継がれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

高玉鉱山

福島県郡山市にあった鉱山。金、銀、銅、鉄、アンチモンなどを産出

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

高玉鉱山の関連キーワード日本鉱業[株]福島県郡山市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android