コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

串木野 くしきの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

串木野
くしきの

鹿児島県西部,いちき串木野市北部の旧市域。薩摩半島の北西部で東シナ海に臨む。 1950年市制。 2005年市来町と合体して,いちき串木野市となった。中心市街地の串木野は,江戸時代薩摩藩の直轄地で,漁業と金山の町として発展。マグロ,カジキの遠洋漁業の重要な根拠地。 1950年代からの東シナ海漁場の不振などのため往年のにぎわいはないが,漁業は依然として基幹産業である。串木野鉱山は江戸時代初期に発見された日本有数の金山,銀山であるが,近年は不振。このほか,かまぼこを主体とする水産加工,ハムなどの畜産加工が盛ん。農村部では米のほかミカン,タバコ,サツマイモの栽培,畜産,養鶏などが行なわれる。羽島崎以南の砂丘海岸地帯は吹上浜県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くしきの【串木野】

鹿児島県西部にあった市。平成17年(2005)10月、市来(いちき)町と合併し、いちき串木野市となる。→いちき串木野

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

串木野
くしきの

鹿児島県薩摩(さつま)半島の北西部にあった旧市名(串木野市)。現在はいちき串木野市の北部を占める。旧串木野市は東シナ海に面する。各地に金を産し、350余年の歴史をもつ金山の町である。1950年(昭和25)市制施行。市名は冠嶽(かんむりだけ)神社の祭神櫛御気野命(くしみけぬのみこと)に由来するといわれる。2005年(平成17)日置(ひおき)郡市来町と合併、いちき串木野市となった。旧市域の北部は八重山(やえやま)山塊に連なる山地、南部はシラス台地で、中央部を五反田(ごたんだ)川が西流して東シナ海に注ぐ。海岸は、市街地以北は岩石海岸、以南は吹上浜(ふきあげはま)砂丘最北部の砂浜海岸である。JR鹿児島本線と国道3号が中央部を南北に通過するほか、串木野港からは甑島(こしきじま)列島への定期船が往復する。幕末までは薩摩における山岳仏教の一大中心地であった。串木野漁港は枕崎(まくらざき)、山川と並ぶ県三大漁港の一つで、日本で有数の遠洋マグロ漁業の基地として知られ、冷凍冷蔵庫の施設や製氷、造船、水産加工などの関連産業が活発である。とくに、かまぼこ、ちくわ、さつまあげなどの練り製品工場が多い。このほか、ハム、製薬などの工場もある。また、近世以来の歴史をもつ串木野鉱山があり、三井資本により経営されている。市街地の近くには海洋公園の長崎鼻公園や、照島(てるしま)公園があり、山地の冠岳は旧跡が多く、眺望などに優れている。[田島康弘]
『『串木野郷土史纂考』(1957・串木野市) ▽『串木野郷土史』(1962・串木野市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

串木野の関連キーワード鹿児島県いちき串木野市まぐろ本町鹿児島県いちき串木野市西塩田町鹿児島県いちき串木野市東塩田町鹿児島県いちき串木野市東島平町鹿児島県いちき串木野市西島平町鹿児島県いちき串木野市中尾町鹿児島県いちき串木野市口之町鹿児島県いちき串木野市長崎町鹿児島県いちき串木野市汐見町鹿児島県いちき串木野市小瀬町鹿児島県いちき串木野市高見町鹿児島県いちき串木野市浦和町鹿児島県いちき串木野市新生町鹿児島県いちき串木野市住吉町鹿児島県いちき串木野市西薩町鹿児島県いちき串木野市愛木町鹿児島県いちき串木野市塩屋町鹿児島県いちき串木野市春日町鹿児島県いちき串木野市浜田町鹿児島県いちき串木野市美住町

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

串木野の関連情報