コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥山喜一 とりやまきいち

3件 の用語解説(鳥山喜一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥山喜一
とりやまきいち

[生]1887.7.17. 東京
[没]1959.2.19. 東京
東洋史学者。 1911年東京大学文科大学史学科を卒業。 28~45年京城帝国大学教授。のち旧制第四高等学校金沢大学富山大学東洋大学に勤めた。渤海国時代の満州史の研究によって知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥山喜一 とりやま-きいち

1887-1959 大正-昭和時代の東洋史学者。
明治20年7月17日生まれ。京城帝大教授,四高校長,金沢大教授,富山大学長などをつとめる。渤海(ぼっかい)史研究で知られ,また「黄河の水」は名著とされる。昭和34年2月19日死去。71歳。東京出身。東京帝大卒。著作はほかに「渤海史考」「満鮮文化史観」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥山喜一
とりやまきいち
(1887―1959)

東洋史学者。東京に生まれる。1911年(明治44)東京帝国大学史学科卒業。19年(大正8)新潟高校教授。その後、京城帝国大学教授、第四高等学校長、金沢大学文学部長、富山大学長を経て、東洋大学教授在任中に没。満鮮史研究、とくに渤海(ぼっかい)史研究の第一人者で、『渤海史考』(1915)、『満鮮文化史観』(1935)などの著書がある。文章に優れ、また画筆にも優れていた。『黄河の水』(1926)はいまでも平易な中国史概説書として親しまれている。[星 斌夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥山喜一の関連キーワード石田幹之助岩井大慧橋本増吉厚木勝基岩瀬徳三郎鈴木俊高橋純一長橋正道福井康順守屋美都雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone