コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥羽屋里長(初代) とばや りちょう

2件 の用語解説(鳥羽屋里長(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥羽屋里長(初代) とばや-りちょう

1738-1794/95 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
元文3年生まれ。盲人で里都(さとのいち)を名のる。初代鳥羽屋三右衛門の門人。天明3年富本から常磐津(ときわず)にうつり,初代常磐津兼太夫(2代常磐津文字太夫)の立三味線をつとめ,「関の扉(と)」「戻駕(もどりかご)」などを作曲。寛政3年常磐津をはなれ,翌年富本にもどった。寛政6/7年死去。57/58歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥羽屋里長(初代)

没年:寛政6.7(1794,95)
生年:元文3(1738)
江戸中期の長唄・豊後系浄瑠璃三味線方の家元。上総(千葉県)生まれ。目が不自由で,里都と称した。宝暦4(1754)年初代鳥羽屋三右衛門の門に入り,三味線を学んだのち,天明1(1781)年里長の名で富本節の三味線を勤めた。3年には常磐津節に移って「関の扉」「戻駕」など名曲を生み出したが,寛政3(1791)年常磐津方と不和を生じ,同流の三味線方を退いた。翌年,5代目都一中のために「傾城浅間岳」を作り,中村座に出勤したものの不評で,秋にはまた富本の三味線方に戻っている。6年以降の行動は不明。なお,里長の名前は現在まで7代を数える。また彼の門から「故沢」「三保崎」「富本」などの姓を持つ富本節の三味線方が輩出した。

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥羽屋里長(初代)の関連キーワード相三味線連三味線江戸半四郎杵屋佐吉(初代)竹沢平八(2代)鶴沢蟻鳳(初代)錦屋惣次(2代)野沢勘蔵野沢喜八郎(2代)三保崎兵助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone