コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥羽屋里長(初代) とばや りちょう

2件 の用語解説(鳥羽屋里長(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥羽屋里長(初代) とばや-りちょう

1738-1794/95 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
元文3年生まれ。盲人で里都(さとのいち)を名のる。初代鳥羽屋三右衛門の門人。天明3年富本から常磐津(ときわず)にうつり,初代常磐津兼太夫(2代常磐津文字太夫)の立三味線をつとめ,「関の扉(と)」「戻駕(もどりかご)」などを作曲。寛政3年常磐津をはなれ,翌年富本にもどった。寛政6/7年死去。57/58歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥羽屋里長(初代)

没年:寛政6.7(1794,95)
生年:元文3(1738)
江戸中期の長唄・豊後系浄瑠璃三味線方の家元。上総(千葉県)生まれ。目が不自由で,里都と称した。宝暦4(1754)年初代鳥羽屋三右衛門の門に入り,三味線を学んだのち,天明1(1781)年里長の名で富本節の三味線を勤めた。3年には常磐津節に移って「関の扉」「戻駕」など名曲を生み出したが,寛政3(1791)年常磐津方と不和を生じ,同流の三味線方を退いた。翌年,5代目都一中のために「傾城浅間岳」を作り,中村座に出勤したものの不評で,秋にはまた富本の三味線方に戻っている。6年以降の行動は不明。なお,里長の名前は現在まで7代を数える。また彼の門から「故沢」「三保崎」「富本」などの姓を持つ富本節の三味線方が輩出した。

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

鳥羽屋里長(初代)の関連キーワード松前広長鳥羽屋里長(初代)ハイドン(年譜)葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽静岡市中心商店街の総通行量井上通加舎白雄

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone