コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳩山和夫 はとやま かずお

4件 の用語解説(鳩山和夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳩山和夫 はとやま-かずお

1856-1911 明治時代の弁護士,政治家。
安政3年4月3日生まれ。鳩山春子の夫。鳩山一郎,鳩山秀夫の父。美作(みまさか)(岡山県)勝山藩士の子。東京開成学校卒業後,コロンビア大,エール大に留学。代言人(弁護士),帝国大学教授をへて,明治25年衆議院議員(当選9回,政友会)。衆議院議長,外務次官。東京専門学校(現早大)校長をつとめた。明治44年10月3日死去。56歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鳩山和夫

没年:明治44.10.4(1911)
生年:安政3.4.3(1856.5.6)
明治期の弁護士,政治家。美作勝山藩(岡山県真庭郡)藩士鳩山博房の第4子として,江戸の藩邸に生まれる。大学南校,開成学校を経て,コロンビア大,エール大に留学。13年7月には法学博士の学位を得て帰国,東大法学部講師となるが,卒業証書授与式での演説内容が要路者の忌諱に触れ失職。その後代言人に転じて,15年3月東京代言人組合会長に就任。18年4月外務権大書記官,19年2月取調局長となり条約改正問題に参画。同年4月帝大法科大教授兼任。23年1月官職を辞して再び弁護士界に身を投じ,25年2月衆院議員に当選。以後東京で連続9回当選し改進党,進歩党に参加。29年12月衆院議長,31年9月憲政党内閣で外務次官。東京専門学校(後の早大)校長,早大総長も務め,晩年は立憲政友会に入党した。

(楠精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はとやまかずお【鳩山和夫】

1856~1911) 政治家・弁護士。美作みまさかの人。東大教授。一郎の父。のち政界入りし衆議院議長。早大総長も務めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳩山和夫
はとやまかずお
(1856―1911)

弁護士、政治家。美作(みまさか)国(岡山県)真島(まじま)藩士の子に生まれる。1875年(明治8)開成学校卒業後、アメリカに留学し、コロンビア大学、エール大学で法律を学び、1880年帰国した。東京大学講師、代言人(弁護士)として活躍。1885年外務権大書記官(ごんのだいしょきかん)、取調局長に任ぜられて条約改正の仕事に携わり、ついで帝国大学法科教授となる。その後教授を辞して弁護士となり、政界に入る。1896年衆議院議長、1898年外務次官。その間、東京専門学校長、早稲田(わせだ)大学総長も務める。長男に鳩山一郎、次男に鳩山秀夫がいる。[淡路剛久]
『鳩山春子編『鳩山の一生――伝記・鳩山和夫』(1997・大空社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳩山和夫の関連キーワード企業内弁護士県内の弁護士の偏在女性弁護士の誕生砂川雄峻高橋義次長島鷲太郎永屋茂堀田康人本田恒之吉田真策

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone